Arrrepentimiento

アレペンティミエント

In the burnt red-black sky, the gospel resonates in capital HELVETICA.
焦げた赤黒い空に、大文字のヘルベチカで鳴り響く福音。

At the beach where the sadness ended, preparations for a new party begin.
悲しみの終わった浜にて、新しい宴の準備が始まる。

Buildings of sound constructed in fictitious dimensions are now irradiated to the body from completely different angles.
架空の次元で構築された音の建造物が、今まさに全く別の角度から肉体に照射された。

A melody is born like breathing, and rhythm dies as if to breathe out.
息を吸うようにメロディが生まれ、息を吐くようにリズムが死んでいく。

Let's say goodbye to old-fashioned magic. At the entrance of the mellow cavity era.
古ぼけた魔術にさよならを告げよう。芳醇な空洞時代の入り口にて。

We build the modern folk songs by home-recording. The miscellaneous members give them special bodies by the experimental methods that ignore any contexts and add strange atmosphere. Between confusion and silence.

実験音楽とモダンフォークの光輝なる融合。知る人ぞ知るエディットサイケバンドdrawing4-5を母体とするコレクティブ「Arrrepentimiento(アレペンティミエント)」。日本語で「後悔」。雑多なメンバーが入れ替わり立ち替わり参加したり離れたりしながら、コンテキストを無視した演奏と奇怪な音像で、断片的なメロディに実体を与えていく事故音楽。ノイズ〜コラージュといった実験音楽と、リリカルなフォークソングの厳かな融合が、一瞬の儀式のように駆け抜けていきます。

Something New